新宿・台湾まぜそば「あびすけ」

2014年ブームの台湾まぜそばで高い評価を受ける「あびすけ」。台湾まぜそばとつけ麺が二枚看板。台湾と言っても発祥は名古屋のラーメン店「はなび」でピリ辛の肉味噌をモチモチの太麺にからめていただくスタイル。

「はなび」の台湾混ぜそばは「新なごやめしコンテスト2013 なごやめし博覧会」で準グランプリを獲得。またセブン-イレブンも「ご当地の味!旨辛台湾まぜそば」を発売するなど一ジャンルとして確立されつつあります。

太めのもちもち麺に、鶏・豚ガラの利いた醤油ダレとピリ辛の肉味噌、温泉玉子を絡めて食べる辛口のまぜそばです。味わいのアクセントに、ねぎとニラをトッピングしました。お好みで別添の海苔をかけてどうぞ。(セブン-イレブン公式サイトより)

「あびすけ」の台湾まぜそば

あびすけは神奈川・日吉が本店でつけ麺が有名ですが新宿店は度々台湾まぜそばでメディアに取り上げられ看板にも「台湾まぜそば」が入るようになりました。

具材は肉味噌、黄身、ニラ、のり、魚粉、ネギ、ノリなど。麺の下のタレと合わせてかき混ぜて一気にいただきます。最後は丼に残った肉味噌、タレを無料の半ライスで掻き込み〆る「追い飯」がお約束、。

あびすけの台湾混ぜそば

新宿店の場所

新宿店は新宿大ガードを西口方面に抜けて宝塚大学、河合塾のある辺り。陸橋を目印に進んで下さい。営業時間は23:30(LO23:30)と深夜まで入れます。