庄内料理の店が昼はラーメン店!山形ラーメン「豚村」

山形の有機野菜と平牧三元豚でつくる庄内料理「てじまぅる 新宿店」。昼間はラーメン営業、という形態です。出すのは山形ラーメン。2013年の提供開始以来良評価を積み重ねています。

ラーメン好きの店主が作る拘りラーメンはあっさり目の醤油味に菅野製麺所の縮れ麺、もちろん三元豚のチャーシューで650円。素材に拘っている上にお安いですね。

つけ麺には「タピオカ入りつるつるつけそば」というチャレンジも。ちなみにのどごしが良く色物ではないそうです。

昼だけ営業で地下なので場所をよく確かめてからどうぞ。

山形ラーメンの特徴とは

山形は日本一ラーメンが好きな県民性とされています。家計調査の「年間1世帯当たりの中華そば(外食)の支出金額」で全国平均の2倍以上を支出しています。蕎麦屋でもラーメンがメニューに有るほどなのだとか。

山形にも様々なラーメンがありむしろワンパターンではないのですが、商標登録もされた米沢ラーメンで特徴として挙げられているのはあっさりとした醤油ベースに多加水の細打ち縮れ麺。スープに氷が浮く冷やしラーメンも有名です。

つけそば 黒門

濃厚!とんこつ!もいいけれど今日は違う気分なんだよね…という時は新宿西口・黒門(くろもん)がおすすめ。辛酸っぱい味に極太麺が出迎えてくれます。値段も600円〜とコスパも良く回りのラーメン店と差別化しています。

おすすめはその名も麻辛丸(マシンガン)

酸っぱいラーメンが有名な黒門の中でも口コミ評価が高いのは「麻辛丸(マシンガン)」。黒門は湯で時間5分以上、三河屋製麺所の「極太金剛麺」を使用しておりそれに合わせてパワーがあるスープを選ぶ方が多いようです。

つけそば 黒門

つけそば 黒門。麻辛丸。からすっぱい。 by yabukichi_8
つけそば 黒門

つけそば 黒門 大盛り 最近流行りの濃厚系では無く、酸味の効いたサッパリ系 冷やし中華なテイスト 美味しゅうございました。 by kenicT

トッピングの「地鶏の塩焼き」も名物とのこと。お腹に余裕があれば頼んでみて。

つけそば 黒門

つけそば 黒門 プラス トッピングで地鶏の塩焼き これまた美味しゅうございました。 by kenicT

場所は新宿大ガードを西側に抜けた辺り。周辺に「俺の麺 春道」「肉肉ラーメン 2/100 西新宿店」「豚村」「俺の空 新宿店」「あびすけ 西新宿7丁目店」「えびそば 一幻」などがひしめくラーメン激戦区です。

火鍋と刀削麺「XI’AN 新宿西口店」

XI’ANと書いてシーアンと読みます。西安料理のお店で火鍋と刀削麺が名物です。夜は数人〜数十人での宴会などに使えるお店ですがランチでは刀削麺、週替り定食、麻婆豆腐、炒飯が手頃な価格で食べられます。

種類が選べる刀削麺(とうしょうめん)

TVで見た方も多いであろう刀削麺。席によっては麺を切り飛ばす所が見られます。

麻辣刀削麺(マーラー麺)、酸辣刀削麺(サンラー麺)、担々刀削麺(タンタン麺)、素菜刀削麺(やさい麺)など5種類から選べて750円。麺はモチモチ、量は多め。パクチーはありなしを聞かれます。麻辣刀削麺が唐辛子マーク3つで一番辛いことになっていますが「激辛」というほどではありませんでした。

勿論、それは刀削麺!!刀削麺は、中国山西省で生まれた中国五大麺のひとつで、水で練った小麦粉の塊を、くの字に曲がった刀で麺を削り出す調理法。削り出された麺は弧を描いて空中を舞い、煮えたぎるゆで釜に飛び込む。刀削麺の表面はツルツルと滑らかで、噛むとモチモチとした独特の食感が特徴。(公式サイトより)

麻辣刀削麺

西新宿店はSEGAが入っている雑居ビルの4階。早くて安いランチとして周辺サラリーマン・OLで賑わっています。
セガの上のシーアン

つけ麺の父「大勝軒」山岸一雄さん亡くなる

池袋のラーメン店「大勝軒」創業者山岸一雄さんが亡くなられました。ご冥福をお祈りします。

池袋の老舗ラーメン店として、また100人以上の弟子を育てられ暖簾分けを進めたこと、一大ジャンルとなった「つけ麺」考案者としても知られます。フジテレビ系、TBS系、テレビ朝日系などのTVで取り上げられておりその影響力を示すものと言えます。

「つけ麺」の発祥はまかない

改めて振り返ると「つけ麺」はまかないから生まれました。余った麺を集めスープを入れた湯のみでざるそばのように食べているのを見た客から食べてみたいとの声が上がり商品開発、1955年つけ麺の元祖である「特製もりそば」としてメニュー化されました。

現在の東池袋大勝軒

東池袋大勝軒は2008年から弟子の飯野敏彦氏が店主となり現在も営業しています。